日本語   English

イベント情報

第4回 CMIシンポジウム

産学官連携プロジェクト
航空機製造技術の飛躍的発展を目指して
−最新の話題と航空機事業への新規参入について−
東京大学生産技術研究所 先進ものづくりシステム連携研究センター
Consortium for Manufacturing Innovation (CMI)
協賛:日本航空宇宙工業会 (SJAC :The Society of Japanese Aerospace Companies)
日時 : 2016年10月14日(金)13:00〜17:00 (受付開始12:00)
会場 : 東京ビックサイト 国際会議場
 国際展示場正門駅 (ゆりかもめ) 南口より徒歩3分
 国際展示場駅 (りんかい線)   出口より徒歩7分 【交通アクセス】
参加費: 無 料
通訳 : 日英同時通訳あり
多くの方にご参加いただき、 無事終了致しました。
当日の講演資料を掲載しましたので、ご参照ください。

 開発途上国の経済成長、グローバル化の進展を背景に、世界の航空機産業は年率5%の高い成長が続いています。
 一方、航空機の燃費改善を目指し、機体を軽くするために CFRP, Ti, Al-Li合金等の適用が広がっています。これらの素材は難削材と呼ばれ、高速切削を行うには新しい製造技術の開発が必要です。この製造技術の飛躍的な開発を目指し、2013年4月に産学官連携プロジェクトCMI が発足しました。CMIでは3S(Science, Speed, Same Target)をスローガンに活発な研究活動を展開しています。
 当シンポジウムでは、最近の航空機市場動向、技術動向の講演に加え、CMI活動への中小企業の参加について紹介します。
poster
シンポジウムポスター(PDF)
プログラム ※日英同時通訳あり
13:00-13:05開会あいさつ
東京大学 生産技術研究所 所長  藤井 輝夫
13:05-13:40日本の航空機産業が目指す方向とCMIへの期待
経済産業省 航空機武器宇宙産業課 課長  畑田 浩之
13:40-14:15CMI研究開発の成果について
東京大学生産技術研究所 教授  帯川 利之
14:15-14:50Trends in Aerospace Manufacturing
Boeing Research & Technology, Mr. Lane BALLARD
Vice President of Materials & Manufacturing Technology
14:50-15:25航空機用材料の切削シミュレーション
東京電機大学 工学部 教授  松村 隆
15:25-15:40(休憩)
15:40-16:15未来への切削加工イノベーション
サンドビック株式会社 Mr. Francis RICHT
 Manager-Industry Segments & Component Management
16:15-16:50航空機事業への新規参入について
東京大学 生産技術研究所 特任教授  橋本 彰
17:00閉会
〒153-8505
東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学生産技術研究所 De407号室 柳本研究室
03-5452-6204(TEL)
56204(EX)
03-5452-6203(FAX)
CONTACT  ACCESS
Copyright © Collaborative Research Center for Manufacturing Innovation